Sturdy Style

We define the relation between human and life stage.

Home Works No.421
立体的なリビングを内包する

No. 421

T-house

立体的なリビングを内包する

所在地
千葉県 流山市
施工
2015年
工法
木造2階建て
敷地面積
178.04m²
延床面積
102.88m²

敷地は、都市計画により新しく生まれ変わった街の駅からさほど離れていない住宅地の一角地、旗竿地。

南側に道路が面していてもプライバシーの関係から大開口を設けるのは抵抗があるものです。
大開口を設け生垣等で目隠ししたとしても、植栽の手入れは手間がかかり、そもそも駐車スペース等で庭を確保出来ない場合があります。

すると、一見条件の良い南側に道路が面していても旗竿地同様、光の取り方に工夫が必要となります。

一方で旗竿敷地ならではの利を活かすと、旗竿部分に駐車スペースを設け、
道路から離れた位置にプライベートな庭を確保する事が可能なのです。
室内空間は、お子様との関係を意識し、1階部分にLDKを配置、目の届く中2階にスタディーコーナー、敷地の奥に吹抜けを設け明るく開放的なワンルーム空間を目指しました。

光と風が抜け、どこにいても家族の気配と木の温もりが感じられ、スノコのブリッジ、ストリップ階段、若葉色のスチール手摺、それぞれの要素が空間に彩りを与えます。
囲われた敷地にありながら、それを個性ととらえ、閉塞感を感じさせない、劇的に明るい室内を実現させる。

立体的に拡張されたリビングをぜひ体験していただきたいと思います。

pagetop