Sturdy Style

We define the relation between human and life stage.

Home Works No.267
『平屋×スキップフロア』空中庭園のある家

No. 267

Y-House

『平屋×スキップフロア』空中庭園のある家

所在地
千葉県 柏市
施工
2012年
工法
木造2階建て
敷地面積
337.7m2
延床面積
121.06m2

住まい手が憧れたのはメキシコの巨匠『ルイス・バラガン』

平屋づくりの住宅にスキップフロアを採用することで外からは見えないプライベートな空中庭園を実現しました。

エントランスのアプローチにはバラガンのオマージュとしてのショッキングピンクを採用。

外には窓を極力設けず、二つの光庭で室内に柔らかい光を採り込みます。

そして光庭+和室の空間は茶室のような落ち着いた空間になっています。

自然と人工物を極端な手法で融合させたバラガンへのオマージュとしての平屋造りの家ができあがりました!

窓のないプライバシーの守られたデザイン

四角のヴォリュームに大小2つの光に輪を配置して平面と立面の双方間の統一感が生まれるよう計画している。
低く抑えたアプローチの先の「光庭」は、まるでトンネルから出た時の光と影の感覚を味わうことができる。

リビング・中庭・屋上が見渡せるダイニング

スキップフロアになったダイニングからリビングと光庭を眺める。
ダイニングキッチンは床レベルを上げ、天井でもできる限り高く計画することで、朝を気持ちよく迎えられるように配置。
広い空、まわりの木に視線が行く開放的な空間。

吹抜けに囲われた開放的なダイニング

キッチン脇のダイニングコーナー。
ママが夕食の支度をしている間、傍らでお子さんも宿題をして・・・そんな夕方が想像されます。
ダイニングテーブルだけでなく、ワークスペースでも家事やお子さんのお勉強が可能。

光庭に面した吹抜けのあるリビング

12畳のゆとりのあるダイニングキッチン。
背面は豊富なカウンター収納。普段使いの食器などは下部に、日常使わない雑貨や食器は上部の収納に。
窓も設けているのでとても明るい。
その一角にワークスペースを設けている。

高低差がリズミカルな空間を生み出す

リビングとダイニングにレベル差をつけることで、どちらも同じ空間を共有しながら、独自の居心地を楽しむことができる。
奇をてらうわけではないが、ありきたりではない。
絶妙な提案が魅力。

中庭を持つ本格和室も完備

中庭を挟むことで、モダンテイストと和を両立させることが可能。
障子は第二の光庭から柔らかな光を届けてくれます。

pagetop