Sturdy Style

We define the relation between human and life stage.

Home Works No.205
インテリアショップ+個人住宅

No. 205

Y-House

インテリアショップ+個人住宅

所在地
埼玉県 入間郡三芳町
施工
2011年
工法
木造2階建て
敷地面積
207.33m2
延床面積
167.14m2

誰もが淡い記憶の中に育った家や場所の風景を持っていると思います。
建築はリアルな物体であると同時に、人の記憶の中にも存在します。
不思議な事にそれは、得てして美しい原風景として、その人の空間に対する価値観として出てくる事があります。

今回の建物は、親子代々続く店舗を併設した住宅です。
住まい手の原風景を繋ぎながら、未来へ続く空間をイメージして設計が進みました。

「記憶を創る空間」
そんな事を意識しながら、この空間を体験して頂ければと思います。

外観

こげ茶×白×黄色の印象的な外観は近隣のアイ・ストップ。店舗併用住宅らしく地域のみなさんに愛される、ユニークで親しみやすい印象に。

看板

黄色の塗り壁が目を引く外観の1Fは家具屋さん。看板も表札もスターディ・スタイルでデザインさせていただきました。

店舗部分

店舗部分はゆったりルーミングして展示している。
大きく開いた吹抜けが開放的な空間でこころゆくまで家具を吟味できる。

店舗部分

店舗も住宅も共に2F建て。上下階を使うことによって日常生活にも店舗の見せ方にも動きをプラスしている。

住居用のテラス

住居用のテラスは外部に対して大きな開口を設けている。完全に閉じてしまうのではなく、外に接する部分を少し周辺環境に開いてあげることで地域との関係性を意識することができる。

リビング

ゆったりしたリビング。
温かみのあるインテリアはサスガ。床材もテイストを合わせて古材風の材料を使っている。

ダイニングキッチン

ダイニングキッチンの床にはタイルを使用。木製で温かな色味のファブリックのインテリアを使うことで、タイル特有の冷たさを感じさせない空間となっている。

サニタリー

サニタリーには目の細かいモザイクタイルを採用。色味をインテリアと合わせて暖かいベージュに。落ち着いた雰囲気に。

pagetop