Sturdy Style

We define the relation between human and life stage.

Home Works No.32
住まい手の手で完成させた二世帯住宅

No. 32

Y-House

住まい手の手で完成させた二世帯住宅

所在地
埼玉県 越谷市
施工
2006年
工法
木造軸組工法
敷地面積
122.33m²
延床面積
116.54m²

施主のY様は金属を加工して住宅や店舗の材料などを作るお仕事をされており、当初よりすまいづくりには自ら参加したいという強いご要望をお持ちでした。私達は「住まい手自らが、すまいづくりにどこまでかかわることができるのか」という命題に対峙し、慎重に計画を進めて参りました。
住まい手とコラボレートするという事は、実は創り手にとっても手間のかかることではありますが、結局はそれが「しっくりくるすまい」への一番の早道だと私達は考え、前向きに取り組んでいます。

敷地は北道路で、スターディ・スタイルの設計による建物が三棟並ぶいわば宅地分譲の一区画。ありきたりな分譲住宅の街並みとは一線を画し、それぞれが個性を活かし合いながら共存できるよう、緩やかながらデザインコードを設けて計画しています。
建物の構成は1Fを親世帯・2Fを子世帯とし、隔たりを持ちすぎず、近づきすぎない、適度な家族の距離感に配慮して計画しました。住まい手とコラボレートしたオブジェのような楽しい階段は、両世帯間をつなぐコミュニケーションの象徴です。
2Fリビングは、テラスをコアとしてバルコニー・吹き抜け・ロフトなどをうまく配置することで実面積以上の体感的な広さを演出できるよう心がけました。

pagetop